ご案内

CloudTech AWSレッスン動画カリキュラムについて

本カリキュラムを受講いただくことで、AWSを利用して自分でサービスを構築できるようになります。

以下AWSの重要サービスについて、機能や設計の考え方が身に付きます。
(EC2、VPC、TransitGateway、IAM、RDS、EC2 AutoScaling、Route 53、ELB、EFS、FSx、S3、CloudWatch、CloudWatch Logs、CloudFront、Lambda、Direct Connect、VPN、CloudFormation、DynamoDB、DAX、ElastiCache、SQS、SNS、Systems Manager、Elastic Beanstalk、Storage Gateway、AWS Batch、AWS Organizations、SCP、ECS、Global Accelerator、Redshift、IAM Identity Center(旧:AWS SSO)、Directory Service、KMS、Cognito、AWS WAF、API Gateway、Kinesis各種、AWS Config、他AWS CLIなど)


サーバ操作、ネットワーク技術、セキュリティ知識など、AWSサービスを理解する土台となるインフラ知識も学べます。
AWSとインフラの基礎概念を学ぶため、インフラ担当者と議論ができるようになります。
AWSの基本が身に付いているので、この講座では取り上げなかったその他のAWSサービスについても効率的に学習できます。
中級編としてインフラエンジニアの必修科目「Docker」「docker-compose」および関連するAWSサービスについても学習カリキュラムがございます。

技術評論社より全国出版となった「AWSエンジニア入門講座――学習ロードマップで体系的に学ぶ」に沿った動画学習が可能です。

このコースの対象者

初めてAWSを学ぶ方
AWSを体系的に学びたい初級者〜中級者の方
・ポートフォリオでEC2にアプリをデプロイできたが他AWSサービスも詳細に学習したい方
・クラウド技術にも挑戦したいアプリエンジニアの方
・AWSの運用業務をしているが構築はしたことが無いインフラエンジニアの方
・ EC2やRDSは触ったことがあるが他サービスも効率的に学習したい方
・プリセールスや営業などエンジニア以外の職種でクラウドを実践的に学びたい方
・AWS認定資格アソシエイトレベルを目指している方

一部無料レッスンもございますので、ぜひご利用ください。無料レッスンの受講にはフリーコース(無料)の会員登録が必要となります。

各メンバーシップの内容はサービストップページからご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。

レベル 金額  
フリーコース 無料 選択
資格会員 4,980円/90日間(自動更新) 選択
基本会員 9,960円/90日間(自動更新) 選択
AWS学習コース ゴールドプラン(永久ライセンス) 一括買い切り49,800円 選択

← ホームに戻る

以下ご案内動画を用意しておりますので、選択の上、詳細を確認いただけますと幸いです。

■最近のレッスン動画更新情報、アップデート情報(一部)リリース履歴一覧

2024/02/20 【講座追加】Systems Manager(SSM)パラメーターストア / デモ(CloudWatch Agentインストール)【10:25】
2024/02/20 【講座追加】Systems Manager(SSM)パラメーターストア / 使用する3つのメリット【6:15】
2024/02/20 【講座追加】Savings Plans購入方法デモ【4:22】
2024/02/20 【講座追加】EC2購入方法 / Savings Plansとリザーブドとの違い【8:16】
2024/02/20 【講座更新】インスタンスの購入方法の講座にSavings Plansの解説を追加し、動画を更新しました。
2024/01/29 【講座更新】S3のOAI⇨OAC機能の推奨アップデートにより講座を更新しました。
2024/01/27 【講座追加】【CloudFormation講座4-2】パラメーター操作デモ【6:09】
2024/01/27 【講座追加】【CloudFormation講座4-1】パラメーター【4:55】
2024/01/25 【講座追加】S3オブジェクトロック / ボールドロック【9:10】
2024/01/18 AWSで学ぶGo講座をプレリリースとして基本会員様以上に公開しました。(全8カテゴリ)
2024/01/13 AWSで学ぶGo講座のベータ版を永久ライセンス会員様のみ先行で公開しました。(7カテゴリ)

*スマートフォンの方は画面左上のメニュー、またはこちらより全講座のタイトルを確認できます。

ご挨拶:CloudTechサービスに込めた想い